新築用屋根瓦補強金具 ルーフストッパー

 loof_01

日本の自然環境

 日本は地震国であり、世界有数の多雨地帯であり、台風の頻繁に来襲する国です。これらの環境は先進国では他にその比を見ない過酷なものがあります。
 平成23年3月の東北地方太平洋沖地震や平成24年7月の九州北部豪雨など、自然災害による被害は大きな脅威です。

ルーフストッパーの特徴

1.耐久性および耐風性

屋根瓦をステンレス鋼版の弾力性で常時圧接固定し、金具固定釘にて野地板と連結する。

<効果>

①暴風時の瓦の飛散、ズレ、ウキ等の防止
②地震による瓦のズレ、落下等の防止
③積雪で生じる瓦のズレ防止
④車の振動による瓦のズレ防止

3.経済性

屋根つくりの費用を考える場合、当初の施工単価も重要なのですが、それ以上に居住後の維持管理に費やす費用も大きな要素です。

4.美観性

袖瓦、軒先瓦、地瓦においては、瓦と瓦の僅かながらの隙間を利用して取り付け固定するものであり、棟瓦においてはバンドの幅が小幅物となるため、美観性を損なうことはありません。色はゴールドを用意。

2.耐久性

ステンレス鋼版のため長期間腐食することもなく、金具固定釘においてもステンレス材料を使用しますので、釘から腐食の心配もありません。さらに、酸性雨による腐食の心配もありません。

5.施工性

屋根瓦の葺き上げ工事をしながら、軒先瓦及び袖瓦の補強金具を釘止めし、棟瓦においては、バンドをワンタッチ式留め付け金具で取り付けるため施工性がよい。

ルーフストッパーのディテール

loof_101loof102loof103loof104

袖瓦補強金具(深切り用)SGD-22 軒先瓦補強金具(和瓦専用)NGK-20
軒先瓦補強金具(差し葺用)NGL-22 袖瓦止金具(後付用)
軒先瓦補強金具(広小舞用)NGK-23 軒瓦止金具(後付用)